子育て

【合計100冊以上購入したパパが選ぶ】厳選したえほん紹介(0歳編)

こんにちは、サラリーマンパパよっちです!

「絵本を読み聞かせをしたいけど、どれを選べば良いか…」と悩んでいませんか?

そんな方に向けて、私が実際に購入して子供へ試した記事を書きました!

絵本の読み聞かせをさせたい…。
子どもの知育教育をしたい。
感性豊かな子供に育ってほしい。


本記事で紹介するものを読んでもらえれば、初心者でも簡単に絵本を選択することができますよ!

なぜなら、実際に子供を育てる際に様々な絵本を選んで読み聞かせしてきたからです。

記事前半では0歳の絵本紹介を、後半では0歳はどんな時期かを解説するので、じっくり読み込んでくださいね!

結論:絵本に困ったときはこの絵本!

結論から申し上げると、困ったときはこの絵本から選択するとお子さんが喜ぶ確率が高いです。

また、以下で紹介したものは対象年齢だけではなく幅広い年齢層に好まれている絵本になっています。

だるまさんが

こちらの「だるまさんが」は、絵本ランキングでも上位の絵本として選ばれています。

赤ちゃんは、もちろんのことですが大人まで笑ってしまうような絵本です。

呼びかけるような言葉のリズムで声に出して独特な「間」をつくり、誰が読んでもうちの子供は笑ってしまいます!

第三者レビュー

○高評価

お友達のお勧めで購入しました。
0歳の頃から読んでいますが、子供が絵本で笑ったのは
この本が初めてです。

体を揺らしながら「だ・る・ま・さ・ん・が~」と
ページをめくると、だるまさんが「ぷしゅー」としぼんだり、
「びろーん」と伸びたり・・・とっても楽しい絵本です。
息子は、「だ・る・ま・さ・ん・が~」のページでニタニタ、
ページをめくって大爆笑!

普段絵本を読みなれていない主人が読んでも爆笑だったので、
パパにもお勧めの一冊です。

他にも「だるまさんの」や「だるまさんと」などシリーズが
展開されていますが、この「だるまさんが」が一番シンプルで
私は好きです。

絵本の楽しさを伝えたいなら、まずこの一冊ですよ♪

公式ページより

○低評価

市の4ヶ月健診で戴いて以来、何度も何度も読んでいる絵本ですが、うちの息子にはいまいちなようです。


赤いだるまさんに興味は向くのですが、自分から読んでと持ってくることも少なく、読み始めてもすぐに飽きてしまったり…残念。

公式ページより

がたんごとん がたんごとん 

がたんごとんがたんごとんは、表紙に黒い機関車がある絵本です。

電車の音と「のせてくださーい」の繰り返しが続きます。

何が乗ってくるのかはお楽しみ♪

こどもは、シンプルな繰り返しの絵本を好む傾向があります。

なので、まっさらな心のツボを刺激されて好きになる確率大です!

第三者レビュー

○高評価

僕自身ちっちゃい頃から電車や車が好きやったし、息子もそうやろうなあと思い買ってきた絵本。

シンプルでかわいいし。読んでてリズムもええし。案の定、息子も気に入ったみたいで毎晩読まされました。

一本調子で読んでも面白いし、抑揚つけても面白いし、絵本を読む人がどんな読み方しても子供が喜ぶ、ビギナーのための本って感じ。いろはのいにはええと思います

公式ページより

○低評価

10か月の時に地域のブックスタートでもらった本で、3冊の中から選んだのですが、うーん、いまいち・・・。
他の2冊のうち1冊は既に持っていて、もう1冊はさらにいまいちな感じだったのでこれにしましたが、いまひとつ子どもの食いつきがよくありません。

「がたんごとん がたんごとん」の繰り返しのリズムは楽しい音だと思います!
ミルクや果物、動物を乗せてがたんごとん・・・
終点の女の子がいるテーブルへ運びます。

でも、食事を運ぶならなぜ動物も一緒に??とちょっと謎です。

列車が好きな息子なので何度も読んであげているのですが、いまいちこの本はお気に召さない様子・・・。

繰り返しの音でわかりやすいし、絵もかわいいので好きな子も多い本だとは思うのですが、うちの息子にはいまひとつでした^^;

公式ページより

たまごのえほん

たまごのえほんは、たまごがあって殻が割れて、中から動物の赤ちゃんが誕生する絵本です。

見たことのないしかけや形、知っているような知らないような卵の形、見え隠れしながら誕生するあかちゃんたち、どれも楽しみどころ満載です!

ちなみに私は亀のたまごが好きでした(笑)

第三者レビュー

○高評価

たまごが割れて中から出てくる。
たったこれだけのことなのにものすごくわくわくして楽しいのはなぜでしょう。人間の本能に訴えかけているのかな。


またこの絵本は、たまごの殻が少しずつ割れていく仕掛けがおもしろく、さらに割れる時の音がいいです!


「ぴよ」「ちゃぷ」「にゅーう」など、いろいろな音がますます楽しい絵本にしています。

公式ページより

○低評価

はっきりしたかわいい絵だし、さぞかし気に入ってくれるだろうと思っていたのですが、あまり反応してくれませんでした。


読んでいる途中にもどこか行ってしまいます。
ほかの方のレビューではお子さんに人気のようなので、たまたまうちの子が好きじゃなかっただけだと思います。

なんでもかみかみしたいうちの子は、しかけのページがかじってちぎりやすいので、さっそく絵本はテープだらけになってしまいました。


ボードブックだとよいのですが…

公式ページより

0歳は・・・

0歳は、コミュニケーションの始まりの時期です。

0歳で絵本を読み聞かせしても、早すぎるということは全くありません。

反応は少ないかもしれませんが、体中の様々な感覚を使って楽しんでいます!

なので、心地の良いリズムの言葉や、変化のある色や形で描かれた本がオススメです。

語りかけるようにして読むとベストです!

まとめ

上記で挙げた絵本は、ずっと使える絵本となっています。

対象年齢だけではなく、それ以外の年齢にも使えますのでぜひ読んでみてくださいね!

また、お子様にも自我があり好みがあります。

様々な絵本を試してみて、興味を持った絵本を読み聞かせしましょう。

よっち

私は、表紙の画像をこどもに見せて反応が良いものを購入していました!