子育て

【2022年最新】4歳の知育玩具|子育てパパ厳選全4選

こんにちは、サラリーマンパパよっちです!

「4歳の知育玩具(おもちゃ)を購入したいけど、どれがいいか分からないから購入できない…」と悩んでいませんか?

そんな方に向けて、4歳児向けの知育玩具を厳選紹介した記事を書きました!

4歳児の遊具はどれがいいの?
知育玩具選びで失敗したくない。
4歳児の家族へプレゼントしたいがどれがいいか分からない。


本記事で紹介する知育玩具を選んでいただければ、ほぼ間違いなく知育に役立ちますよ!

なぜなら、実際に私も玩具を使ったことがあるのと友人の保育士へ聞いたからです。

結論:この後に紹介する4選から選べば間違いなし!

4歳からの知育玩具

4歳からは「社会性」と「創造性」が広がる年代になります。

例えば以下のものになります。

  • 「モノ」を自分で空想する想像力が発達する。
  • 創造性が育ち、四角や三角など、様々な形を抽象的な表現ができる。
  • 5人以上の友だちと集団遊びができるようになる

その年代からの知育玩具は、こちらがオススメです。

ファンタカラー

赤・青・黄など、大小さまざまなキノコのような形をしたペグを白いボードに差していき

頭に浮かぶイメージを自由に描くお絵描き道具です。

3本指を使う細かい動作が、集中力の向上や指先の機能向上につながります。

●おすすめポイント
感覚を刺激
知育教育
遊び方たくさん
集中力の向上

個人的感想
クリスマスプレゼントに購入。
最初は全く興味がなかったようですが、使い方を教えると
自分でモノを考えながらお花やリンゴなどを作っていました!
確かに集中力があるようで、一人遊びや一緒に作ったりもしています。

マイドールハウスセット

人形や家具が全てセットになっているものです。

必要な小物が全てそろっており、いろいろなところから手を入れられるデザインで遊びやすいように設計されています!

取り外し可能なものやバルコニーがついて、ドールハウスの遊び方がさらに広がります。

●おすすめポイント
ごっこ遊び
知育教育
遊び方たくさん

個人的感想
組み立てが何より簡単で良かった。
また、木製品で木の温もりや耐久性があって大変良かった。
最初は高いかな…と思ったけど、強度があって長く使えるのでコスパよし!

ファンラーニング シェープス&カラーズ

三角、丸、お花など、さまざまな形のカラフルなビーズを使って色・かたちの分類を学ぶあそびができます!

従来の教育玩具にはなかったライトな質感と鮮やかさはこの商品の大きなポイントです。

問題カードに書かれた通りに進めていけば、段階を踏んで様々なことに気づきが生まれます。問題カードを飛び越え、自分の発想で分類をすることで、創造性も育ててくれます。

ゆっくりと時間をかけて、どんな色や形があるのかをよくよく観察させることが、先々まで遊びの拡がりを持たせるキーになります。

慣れてきたら頭の中でイメージを作らせるように、クイズ形式で形や色を指定して問題を出してみるのも発展的な遊び方になるでしょう。

●おすすめポイント
色と形の認識
グループ分け
順番の理解
数と量の一致
カラフル

個人的感想
最初は、全く意味を理解しておらずただ棒に差すだけの遊びでした。
ただし徐々に使い方やクイズを一緒にしていくにあたって色や形の認識をしていきます。
特に、グループ分けは最初に覚えることができました。
最初はグループ分け、次は数と量の一致など順番に1つずつすることをオススメします!

魚つりパズル

魚つりゲームとパズルが両方楽しめます!

マグネットのついた「さお」で魚をつりあげていきます。

魚が全部つれたら、海色の下地のカタチをヒントにパズルを完成させましょう。 遊びを通して集中力を養い、色彩や形の認識力を高めます。

●おすすめポイント
ゲーム感覚で学べる
空間理解能力
形の認識
カラフル
感覚を刺激

個人的感想
お子さまが上手にお魚を釣ることができたら、一緒に喜んであげましょう!
ほめることで興味が倍増です。
さおをもう一本用意して一緒に釣り競争やピースのうしろに数字を貼りつけてその合計得点を競ったりするのがオススメ。
ご家族みんなでゲームを楽しむことができます!

最後に

これ以外にも知りたい。

売り場での選び方にお困りの方は選び方ガイドをご覧ください。

【知育玩具おすすめ】保育士に教えてもらった0歳~6歳の年齢別選び方 こんにちは、サラリーマンパパよっちです! 「知育玩具を購入したいけど、どれが良いか迷って購入できない…」と悩んでいませんか? ...